HOME > ニュース&イベント

ニュース&イベント

2012.06.09
生物の多様性にびっくり!田んぼの生きもの調査イベントを実施

6月9日、「生活協同組合コープ自然派しこく」さんと(株)三豊ファームサービスと共同で、田んぼの生きもの調査を行いました。
毎年、田植え体験の前に行っている企画で、生きものが大好きな子どもたちに大人気のイベントです!

生きもの調査を行ったのは(株)三豊セゾンの田んぼ。
「紙マルチ」という資材を使って無農薬でお米を栽培しています。
環境にとてもやさしい農法であるため、田んぼの中は自然豊か。種類も形も様々な、小さな生きもの達がたくさん暮らしているんですよ。

この日は梅雨入り翌日で、時折雨がぱらつく不安定な空模様。
ですが、集まった3家族の子どもたちは元気いっぱい!
生きもの採取用のアミやカゴを手に、田んぼの中で泥だらけになりながらたくさんの生きものを見つけていました。

アメンボやオタマジャクシ、カエルといったおなじみの生きものはもちろん、近年あまり見かけなくなった「カブトエビ」「ホウネンエビ」といった生きものもたくさん発見。
子どもたちが見つけた生きものは、香川淡水魚研究会の橋本佳樹先生から1つ1つ丁寧に解説していただきました。
図鑑ではわからなかったようなお話もあったようで、子どもたちも親御さんも興味津々でしたね。

生物の多様性にあふれた田んぼの中で、たくさんの小さな命に触れた体験となりました。この自然豊かな環境を、いつまでも大切にしていきたいですね!



次回は田植え&スイートコーンの収穫体験を予定しています。
昔ながらの「手植え」での田植えに、みなさんで挑戦します!

2012.05.06
さぬきマルシェ in 高松サンポート

先週に引き続き、昨日5月5日にさぬきマルシェが開催されました。
弊社からは、レタス、玉ねぎ、食べて菜、はるみ(果物)、セミノール(果物)を販売させて頂きました。

今朝収穫したばかりのレタスを販売したところ、お客様に大変好評でお昼過ぎには完売しました。

食べて菜を購入なさったお客様の中に、サークルKサンクスでそれを使用したチャーハンやおにぎりが発売されていることをご存知の方がいらっしゃって、食べて菜や弊社のことが少しずつ知って頂けてることがわかりました。

これからもおいしい食材を皆さんに提供できるように頑張っていきます。

2012.05.02
さぬきマルシェ

4月29日にサンポート高松にて、弊社で栽培した食べて菜や果物などを販売させて頂きました。
会場で地元で生産したもち米を使い、餅つきとつきたてのお餅を販売させていただきました。つきたてのお餅は大変好評をいただきました。

このようなイベントを通して、地元で生産された食材が1人でも多くの方に認知され、地産地消がより進むといいなと思います。

次回は5月5日(土)にサンポート高松シンボルタワー棟西側にて開催されます。
次回もお楽しみに!

2012.04.13
香川県知事 試食会

4月12日(木)香川県庁 知事室にて、香川県立飯山高等学校の生徒さんが香川県産「食べて菜」を使って考案したメニュー(焼豚チャーハン・焼豚チャーハンおにぎり)の試食会が開催されました。このメニューに使われる「食べて菜」は弊社㈱三豊ファームサービスが栽培してることから、弊社社長も出席させていただき、ご挨拶させていただきました。
4月17日から5月14日まで、四国四県サークルKとサンクスで販売されます。

2012.04.13
『食べて菜』がチャーハンとおにぎりに!

この度、私たちが栽培している『食べて菜』が、地産地消企画「四国MOTプロジェクト」対象商品「焼豚チャーハン」と「焼豚チャーハンおにぎり」に使用されることになりました。

この商品は、香川県立飯山高等学校の生徒さんが、香川県産『食べて菜』を使って考案した商品で、焼豚の甘みと、『食べて菜』の漬物がアクセントになっています。

『食べて菜』は、葉のアクが少なく、苦みや青臭さが感じられず、特に茎には野沢菜のような香りと甘みがあり、漬物にすると最高の仕上がりになります。

四国四県のサークルKサンクスとサンクスで販売されます。
ぜひご賞味くださいませ。
販売期間:平成24年4月17日~平成24年5月14日


2011.11.14
「食べて菜」 こんなに大きくなりました。

1ヶ月ほど前に種を蒔いた「食べて菜」が、こんなに大きくなりました。(右写真)
米粒よりも小さかった種が、こんなに大きくなるなんて。。。。

観音寺市内は、「食べて菜」はもちろん、レタスやグリーンリーフなどの緑が一面に拡がって、晩秋だというのに、足元はまるで初夏のようです。

2011.10.20
「食べて菜」の種蒔きをしました。

10月20日
「食べて菜」の種まきをしました。
風が吹いたら飛ばされそうなほどの小さな小さな種を、機械を使って丁寧に蒔きました。一番下の写真は、10日前に一足先に蒔いたもので、小さな芽がたくさん顔を出しています。秋から冬へ季節が移り変わり、新年を迎えるころ、収穫となりそうです。

ところで「食べて菜」って、ご存知ですか?
「食べて菜」は、小松菜などをベースにした新種の野菜です。2006年に香川県農業試験場が開発しました。この名前は、公募で決められ、香川県の方言をもじって「みんなに食べてほしい」という願いが込められています。
肝心な味はというと、苦みが少なく、シャキシャキとした食感です。

2011.10.18
10月15日 オリーブフェスタ  

生活協同組合コープ「自然派オリーブ」主催 
オリーブフェスタ(於:高松サンポート)に出店しました。

生産者さんのこだわり商品がずらりと並ぶ中、私たちも、丹精込めて作った「新米(無農薬)」「黒米」「モチ米」「にんにく」「ゆら早生みかん」を販売させていただき、大変ご好評をいただきました。中でも「黒米」は店先に並べるとすぐに売れてしまうほどで、健康への関心の高さがうかがえました。(完売御礼)

お子さんの飛び入り参加もありながらの餅つき大会。つきたてホヤホヤのお餅には、なが~い行列ができました。ほんとうに嬉しいかぎりなのですが、お餅が足りず。。。。
行列に並んでくださったのに食べられなかった方、ごめんなさい。また何処かで、私たちの「もち米」と出会える日が来ることを願っております。

2011.09.28
9月23日 大野原町 萩まつり

「大野原町萩まつり」青空市へ出店しました。
玉ねぎやにんにく、黒米、みかんなどを販売し、大変ご好評をいただきました。。
また、多くの子供たちと、ハロウィーンの「かぼちゃちょうちん」作りに挑戦。
秋晴れのもと、とても楽しい一日でした。

2011.04.04
全国農業新聞に「株式会社三豊ファームサービス」発足の記事が掲載されました。

4月1日(金)発行の全国農業新聞に、株式会社三豊ファームサービス発足の記事が掲載されました。
この中で矢野代表は「みんなで英知を絞りながら多様な事業を展開し、それぞれの経営発展と地域農業に貢献したい」と今後の抱負を語っています。

ページトップへ